Map
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
猿でも分かる PIO病
下手すると毎日ウン十枚もDVDコピーしているお客さんからTEL
「(新しいDVDドライブに)交換したら、書き込みがものすっごく遅くなった!」

何事!?って思ったので、詳しく聞いてみると

 DVDを認識しなくなった
  ↓
 (がくおが調べた)ドライブのチップが飛んでた
  ↓
 DVD交換。客がNeroをインストール
  ↓
 DVD読み込みに30分。書き込みに30分(なげーよ!)
  ↓
 前のやつは5分で終わったぞ(これは大げさ)


というわけで、事務所へ患者PCが搬送されました。



まずは読み書きの速度をテスト。・・・・・・確かに遅い。
ハードディスクが悪いのかDVDドライブが悪いのか。
それとも入れたソフトが悪いのか。


ハードディスク・・・・・・動作OK。
DVDドライブ・・・・・・動作OK。
入れたソフト・・・・・・動作OK。
ついでに調べたメモリ・・・・・・動作OK。
この時点での多大なストレス・・・・・・プライスレス。


汎用のドライバがおかしいのかな?と調べようとして思い出す。 PIO病


参考資料:複数回のタイムアウトまたは CRC エラーの発生後 IDE ATA および ATAPI ディスクで PIO モードが使用される


エラー頻発以前に変えたばっかだからまさかね・・・・・・・・・・・・大当たり




ようは、新しいドライブや書き込みソフトを入れると、高速モードから低速モードへ勝手に変わっちゃいますよデヘヘ って事です。


ふざけんなww



この修正作業で、読込み 35分→5分 書込み(4x) 40分→15分 になりましたとさ。
めでたしめでたし。

さて、いくら請求しよう。




操作手順
1.マイコンピュータを右クリックして[管理]を選択して、コンピュータの管理画面を出す。
2.左側のツリーを見て、 コンピュータの管理-システムツール-デバイスマネージャを選択。
3.右側のツリーを見て、(コンピュータ名)-IDE ATA/ATAPIコントローラ-プライマリ(セカンダリ)IDEチャネルを選択。

4.プライマリ(セカンダリ)IDEチャネルのプロパティ が表示されたら、詳細設定タブをクリック。
5.デバイス0とデバイス1が表示されているので、それぞれ現在の転送モードを確認。無効またはDMAが混ざった表示になっていればOK。
6.手順3に戻り全てのチャネルを調べる。現在の転送モードがPIOになっていたら、そのチャネルを削除する。
7.再起動を促されるので、再起動をする。
8.再起動が済んだら、手順3に戻りPIOモードがDMAになっているか確認。

再起動を促されなかった場合
7.コンピュータの管理画面 左上の操作(A)を押して、ハードウェア変更のスキャンをクリック。
8.削除したIDEチャネルが再設定されるので、同じように確認。
スポンサーサイト
GNO | 【2006-11-16(Thu) 18:19:07】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-06-24 金 07:36:49 | | # [ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-06-24 金 22:56:32 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。